[DIR] Parent Directory



イモトアヤコ ≪ナベプロ≫
【イモトアヤコとナベ女等々】
Total-> 「VIEW」 (1)Entry.
≪LASTMODIFIED : 10-Jan-2011≫
【PI】-->Pro] [Wiki] [Blog] [Twitter]
【SH】--> コント。珍獣ハンター。

【PH】--> ≪ワタナベエンターテインメント≫(WCS03期--2005年10月)
「ナベプロ」の若手での事務所押し。 「ヨシモト」がまだ届いていない広い領域に差配を行う「ナベプロ」で、薄いが広い知名度のリーチで若手ながら独自の芸域を築きつつある女芸人。 一般的な段階を踏みながら周回をする「売れ」ではなく特殊なパターン。

≪考察みどころ≫--> 点と線で攻める「ヨシモト」に対して、面で対応する「ナベプロ」という毛色の違う大手のマネジメント手法を配置されたタレントから次の一手を考察していく。 また、実質的な同門ライバルであるホーリンラブ「バービー」との戦いも。

━━━━━━━━━━

2011-> (00)Entry.
【CC】--> (1)事務所お笑い部門のピン女芸人で大本命の「青木さやか」も復帰するが暫くは手のかかる子育てと路線の再構築MG中。 (2)事務所次点の「にしおかすみこ」は後輩だが先行していた、青木さやかをブレーク後に差す勢いがあったが深夜番組でコケてから落語などにも挑戦しマダ芸域確立中。 (3)事務所でピン女芸人3番手に来た「イモトアヤコ」の下が、芸域違いの「なちゅ」という3大幸運も重なり中。

そして、もうひとつの考察視点として、 実質的な【ライバル】であるホーリンラブの「バービー」≪WCS02期で1期先輩だが東京ホルモン娘での相方≫がコノ間隙を縫いピンとしての露出を急激に伸ばし コンビ解消後は「イモトアヤコ」が随分引き離していた「売れ」距離を縮めて追い込んできている。これら放送媒体にリーチが出来る大手「ナベプロ」女芸人内での競争を考察。


≪考察ポイントは≫以下の4点。
  1. 3番手「イモトアヤコ」が独自芸域【突撃レポ】を確定から固定まで進めて、次の新たな芸域の可能性を探っていくか?それは何か?どういう手法を使うのか?
  2. 本命「青木さやか」が復帰後に芸風を変化させるのか?それはどういう効果を生むか?
  3. 「にしおかすみこ」は芸域を確立できるか?
  4. 「バービー」は距離を縮めて追いつけるか?「イモトアヤコ」は再び大きく引き離せるか?

  1. ◆2010_00_010_[WEK]-->【イモトアヤコ】考察0000
    ≪編集中≫

━━━━━━━━━━

2010-> (01)Entry.
【CC】--> 「ネタ」や「トーク」で評価されたわけではなく、ガッツとキャラ受けで選ばれ『ブレーク』という幸運。 「ナベプロ」という事務所だから一般的な「芸力」と言われるものが無いカタチで【突撃レポ】という独自芸域を得る幸運。 トレンドが下降して同期周辺などと比べられる勝負になるかと思えたが時を同じく「ネタ番組」の消滅で新たなライバル達がナカナカ上がって来れない環境に変化する幸運。 という強運を2010年も発揮した。

  1. ◆2010_09_30_[THU]-->【現代芸能】2010年女芸人まとめ【イモトアヤコ】考察
    ≪太田プロ≫「イモトアヤコ」硬いコア形成できずとチャンス?




━━━━━━━━━━━━━━━━━



----------------------------------

_◆芸能, 女タレ, 女芸人, 現代芸人, 現代芸能, 2:22 AM

━━━━━━━━━━

mquote_uni


━━━━━━━━━━

__END__